一緒に考えよう、お腹の赤ちゃんの検査

こんにちは。出生前検査認証制度等運営委員会のウェブサイトにおいでいただき、ありがとうございます。
この委員会は、厚生労働省の専門委員会「NIPT等の出生前検査に関する専門委員会」の報告書に基づいて
日本医学会の中に作られ、同省の関係課も参画している組織です。

医学が未発達な時代には、お腹の赤ちゃんについては心音を聞くくらいしかできることがありませんでしたが、
今は、詳しいこともわかる検査がいろいろと開発されました。
赤ちゃんの病気が妊娠中からわかると、出産直後から治療を開始できる病院へ転院することもでき、
赤ちゃんを助けるために役立つかもしれません。

しかし、新しい技術は、新しい悩みも生みました。
見つけることはできるのに治療ができない病気もたくさんあり、ご夫婦が心配になることもあるかもしれません。
予期せぬ結果を受け取ると、妊娠を継続するかどうか悩むこともあります。

もの言わぬ赤ちゃんの命の尊厳という課題が生じ得るのが、出生前検査のもうひとつの顔です。
赤ちゃんについて多くのデータを得ることがよいことなのかどうかは、人によって考え方が違います。
このサイトでは、お腹の赤ちゃんの検査について考える時に役立つ情報や経験者の声を中立的な立場から
お伝えすると共に、妊娠中の妊婦さんおよびそのパートナーが相談先を見つけるお手伝いをします。
お腹の赤ちゃんの検査について、ご一緒に考えていきましょう。

出生前検査とは? 「出生前検査」という言葉は、妊婦健診の検査も含めて赤ちゃんの検査全体を指す場合もあります。
しかし、このサイトでは、希望した人だけが受ける検査のグループを出生前検査と呼ぶことにします。

制作予定のページ 制作予定のページ

Newsお知らせ

  • 2022/6/15HPを公開しました。